ARCHIVE  CATEGORY  LINK 
<< Movie: フ ラ  ガ  ー    ル | main | 絵馬観測でいこう >>
    

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    

CM: JELL-O




別になんてことないCMなんだけど、単純にもう今食べたくてしょーがなくなって
かわいーなあいいなあ気持ちいいなあと。

商品サイトも微妙にぷるるん。


「赤い女の子たちがゼリーみたく踊る」っていうだけの企画。

ユーモアを手法とはせずに
理屈じゃない生理的な気持ちよさで作られたもの、ってつよいと思っていて


オチが特になくて、構造に企画がない、とゆうか。

絵コンテで説明できないもの。
もっと言えば、4コママンガにできないもの。



「ケータイで話しながら街をくねる」だけ、とか



「髪をいじくりながら踊る」だけ、とか



「チョコレートでできた世界を旅する」だけ、とか
+ meiji milk chocolate


「残像で進行する」だけ、とか



「25万個のカラーボールを坂の上から落とす」だけ、とか



「みんなに嫌われながらディーゼルエンジンが飛ぶ」だけ、とか




コーラとかホンダとかJELL-Oのとかは、比較的ストーリーがあるけれど
基本的には、すごくキャッチーな音楽とひとつの動作だけが企画であって
アンチ構造なつくり。

一見商品と関係なく見えるストーリーをつくって、最後に商品で落とす、
っていう「カンヌ的」な文法も多いのだけど


最近こういう、「どーんとしたもの」がブランドに与える世界観って大きいなあと思う。









    

スポンサーサイト

コメント
>「残像で進行する」だけ、とか

ロイクソップのPV思い出した。
  • おかじー
  • 2007.01.31 Wednesday 17:47
>おかじ

ねえ、ねえ、トップの工事画像にカーロイ君がいるよ。
気づいて。
  • AGATA
  • 2007.01.31 Wednesday 18:15
あらら、ポピー君の写真変わってるし。

ドーンとしたものいいよね。鑑賞力を必要としないもの。
生理的に気持ちいいもの、なかなか簡単なようで難しい。
  • MIZO
  • 2007.02.01 Thursday 21:33
>ねえ、ねえ、トップの工事画像にカーロイ君がいるよ。
>気づいて。

嫌。ぜーんぜん気づかないもんねーー。

べろべろばぁ〜
  • おかじー
  • 2007.02.02 Friday 01:30
>MIZO

そうなんです。シノブくん、ラクガキされてるし。
柴田大輔さんのコカコーラも、ハッピーにドーンで大好きでした。
ドーンなやつの命になってくるのって、音楽と絵。
上がりのイメージをハッキリとできる大貫卓也さんとかは、
やっぱりADならではのチカラだし
もっとADがCMをひっぱっていってもいい気がしています。
Webもそう。


>おかじ

ホッホッホッ
おぬしには見えんようだのう!

  • AGATA
  • 2007.02.02 Friday 02:16
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR