ARCHIVE  CATEGORY  LINK 
<< 京東都の和片。 | main | きらきらサイト: 4th COLLECTION >>
    

キャッチャーインザライ



ものすごく久しぶりに読みました。

ことし初めにサリンジャーが亡くなったのと、
実家でこの本を発掘したものの内容をまったく覚えてなかったのでよんでみた。

こういう作品だったっけ。

とてもおもしろかった。

訳者が解説でも書いてたけど
ホールデンの気持ちって、日本人にはすんなり理解できる気がする。

彼がそのまま大人になったらよろしくないのかもしれないけど

彼の気持ちが分かるようなひとが、自分は好きなんだなあ。
と思った。


最近、むかし読んだ本が気になっていろいろ読み返しています

大人になってから読むと印象がちがっておもしろい

よく分からなかったことがすんなり分かったりするし。

それがまた淋しいけど。
その淋しさに、ファファ!てなったり。



コメント
村上春樹訳も読んでみてください
  • DAI
  • 2010.08.31 Tuesday 09:39
>DAIさま

そうなの、それも読んでみたいんです。
探してみます。
  • agata
  • 2010.08.31 Tuesday 14:14
別ものです。
  • beckgigg
  • 2010.08.31 Tuesday 14:37
>beckgiggさま
ふぇー、たのしみです。
  • agata
  • 2010.08.31 Tuesday 15:15
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album