ARCHIVE  CATEGORY  LINK 
<< そいえば壁紙アプリ | main | それゆけうんこさん >>
    

いろいろおすすめ集。

近年のお気に入りというか、おすすめしたいばらばらなものたち。


■ユニクロヒートテック

昨冬は、これがなかったらぶるぶるしてるとこでした。
おすすめを通り越して深く感謝申し上げたいぐらいです。
ヒートテックタイツ+ヒートテックハラマキ+ヒートテックロンT が最強です。
WEB限定発売のハラマキは毎日してました。
薄いのにおなかが冷えません。すごいのん。

ちなみに春から登場した「サラファインインナー」もよいです。
汗をかいちゃうと洗うのが面倒な、ドライマークの服の下に着るといいのです。

ユニクロは勝ち組とかなんとか言われているけれど、
ちゃんといいものづくりをコツコツしている、というだけだと思う。
トップが優秀なのもあるけれど、根本的にはその一点。
トップが優秀だから、それができてるのかもしれないけど。




■カンロ「大人ののど飴アップルシナモン味」

もう売ってないのだけど・・これ。
http://www.howdy.co.jp/dining-express/index.php?ID=2134
同期にもらってから超ハマって、コンビニで箱買いしてました。
めーちゃーめーちゃーうまい。
いろんな人に無理矢理与えてました。
カンロさん、また売ってください・・・

最近商品名に「大人の●●」とか「男の●●」がついてるのが多いような。
そういえば以前友達と、
なんでもかんでも『プレミアム』つけるんじゃねぇー と言っていた。
それっぽいワードを繋げれば手軽にそれっぽい商品に。
「ひとつ上のプレミアムマカロン 男のゆずこしょう味〜ブルターニュ産岩塩使用〜」みたいな。




■キム・ヨナとイモト

スケート大好きなのですが、特にキムヨナの表情の色っぽさには魅入ります。
「キムヨナイイデスネー」ばっか言ってます。おっさんです。
手先まで品があって、たおやかです。
テレビではジャンプばっかり注目されてるけど。

そしてイモトは日本が誇る国際的マドンナです。
「イッテQ」の番組は、去年かなんかにたまたまテレビで見て
世界各地のカエルの生声を録音して、それを繋げてカエルの歌をつくろうみたいな企画が
あまりにもくだらなすぎてドツボで、以来大ファンです。
イモトのますらをぶりとプロ意識には脱帽します。
がんばれイモト。ファイトだイモト。

キムヨナとなんか似てると思ったんだけど、なんだろう。
「素顔がガサツ」なところか。
いや、これすごい褒めてるんだけど。
あとは、素顔に対してガサツ、なとこか。
カメラ前で自分をよく見せようという気がなさそうというか。









■「深夜食堂」と「ハードコア」

こういう世界が好きです。
ガード下の小さな店に集う、新橋のおっさん的なひとたち。
一話ごとに一品登場するメニューは、
「卵かけごはん」や「タコさんウインナー」や「お茶漬け」や「きのうのカレー」。
なによりも美味しそうで、読むたびにぎゅっとなるまんがです。
http://www.amazon.co.jp/深夜食堂-1-ビッグコミックススペシャル-安倍-夜郎/dp/4091817076


「ハードコア」は、入り込みすぎて読んだあと悲しくてかなしくて立ち直れませんでした。
登場人物たちを愛しすぎたというか。
ここ数年で読んだ中で一番ショックを受けたかも。
http://www.amazon.co.jp/ハード・コア―平成地獄ブラザーズ-Beam-comix-狩撫-麻礼/dp/4757702035/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1243251130&sr=1-1


たぶんこういう場末なかんじが好きなんだなあ。

世界のすみずみまで生きようと思うし、やさしくなろうって思う。







コメント
キム・ヨナも好きだけど、中野友加里の演技も好き。
なんというか、動きが艶っぽい。

「イッテQ」は毎週予約番組っす。
イモトはすげえっす。

「ライオンとかワニと絡みすぎて
 サイとかじゃビビんなくなっちゃったんすよ!」
っていう名言あり。


「ハードコア」。読んでみるわ〜。
狩撫麻礼は場末というかアウトローというか
社会の規範からはじき出された人々にこだわってるよね。
「土屋ガロン」というペンネームで原作した
「オールド・ボーイ」も面白い。

で、絵はいましろたかしか・・・。
「デメキング」(なーんにも始まらない物語・笑)
の人やんね。
そういえば「デメキング」がなだぎ武主演で
実写映画化!!ヒットするかな〜・・・


世界の隅々まで生きようとしてる物語が好きなら

新井英樹。キム・ギドク。大友克洋。

いわゆる「場末」を通り越した
「社会の隅っこ」にいる人たちが、蠢いています。

彼らの作品は、
搾取される側もする側も、社会を牛耳ろうとする人も
そこからはじかれる人も、愛される人も愛されない人も、

出来るだけ等しく冷静に見つめようとしてる。と思う。

  • むらはん
  • 2009.05.26 Tuesday 11:23
>むらはん

中野友加里もきれいだよね!

> 「ライオンとかワニと絡みすぎて
> サイとかじゃビビんなくなっちゃったんすよ!」

みた、その回(笑)

そして「ハードコア」ぜひよんで。
実はガシケンが借してくれたんだよー。「絶対好きだから!」って・・・
読んでから自分の分も買いました。
そしてまだ返してない。

土屋ガロンはその人の別名なんだね。しらなかった。
オールド・ボーイは映画で見て、すごいよかった。
マンガも読んでみたいと思ってたので見ます。

新井英樹、ずっと前からおすすめしてるよね。
貸しておくれ。

  • agata
  • 2009.05.26 Tuesday 18:17
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
スケート2 PS3
「スケート2 PS3」に関連するブログを新着 10 件表示しています。
  • スケート2 PS3
  • 2009/05/26 2:45 AM
Powered by
30days Album