ARCHIVE  CATEGORY  LINK 
    

そうだ 香港、いこう 3 〜上環・太古城・帰国篇〜

2011/12/4(日) 2日目つづき。

FH000010.jpg

このあとはどうするか決めてなかったけど、

「ビクトリアピークで100万ドルの夜景みるとか、観光地っぽいとこに行くのと、
ローカルな街あるき、どっちがいい?」

と夫に聞いたら後者だというので、
2階建てバスに乗って上環(ションワン)へ。
バスターミナルのおねえさん親切だった。

九龍島と香港島を結ぶ海底トンネルをどんどこ。
2階から見ると天井スレスレです。



FH000012.jpg

香港は狭いので、長距離移動でも短時間です。
地図で見るとけっこう離れてるけど、30分もかからず上環に到着。



FH000011.jpg

マカオフェリーの駅で降りたので、さっきまでいた九龍島を眺められました。
なつかしい海。ちょー、きたない。



FH000013.jpg

がんばれ竹おじさん



FH000015.jpg

骨董街にやってきました。
階段をのぼると、いい雰囲気。





興味しんしんな夫。
ガンガン見てくる店のかた。





せまい路地にお店がびったり。
そしてそびえ立つマンション。(30F以上がふつう)

香港はプレートの関係上、地震が起きないので
マンションは高いし高速道路の柱は細いし、建設方法が日本とまったく違うらしい。

マンションは基本的にコンクリでペンキ塗り。
機能性とかないしそっけなくて好きだった。

防犯上、入口にはガードマンがいることが多く、
各家の玄関は、ドアの前に鉄扉があるので2重扉。
カギを2回あけるのでめんどくさい。



FH000019.jpg

錠やさん?が渋かった。
鉄好きにはたまらない。

ぜんぶかっこよくて、そしてめちゃくちゃ安かった。
夫がなんか買ってた。



FH000020.jpg

あちこちで見かけるお茶屋さん。
飲んだことはないけど、おいしいと思います。



FH000021.jpg

あまりにもおなかが減って、ワンタンメンが食べたくなったので
適当に店に入った。

こういうのはあんま飲茶の店にはなくて、
「粥麺」とか書いてある店にあります。

日本でほぼ見かけない、ゴムみたいな麺なんだけど、
これが最高においしいので、絶対に食べてみてほしいです。
びっくりします。
これは香港にしかないと思う。

どこ入っても大抵おいしいけど、
頑固そうなじいちゃんがやってて、店が汚ければ汚いほどおいしいというのが
なんとなく個人的なセオリー・・・
(この店は当たりだった)



FH000022.jpg

香港では住まいを転々としてたのだけど、最後に住んでたあたりが見たくなったので、
今度はトラムに乗りました。
トラムもなつかしい・・・

駅が無人だし、乗りづらいかもだけど
行先とナンバーが書いてあるので、看板を読み解けばイケます。
時刻表はないけど、どんどんくるので大丈夫。
これもぜひ乗ってほしい!



FH000024.jpg

トラムも2階が気持ちいい。
バスより小さくて、街中を飛んでるかんじがする。



FH000026.jpg

上から眺めるまち



FH000027.jpg




FH010001.jpg





FH010002.jpg

太古城(タイクーシン)の近くで降りました。

ふとした窓からそこここのせいかつを感じる
旅行でいちばん楽しいのは、それ



FH010004.jpg

太古城の中心にある、UNY(ユニー)という巨大デパート。
デパートの中にスケートリンクがあるのです。中学生のときよく行ってた。

この時は未来のキムヨナみたいな子達がレッスンを受けてました。
みんなじょうず。



FH010005.jpg

元祖高達と紅彗星など。



FH010006.jpg

なつかしくて「ああああ〜〜」ばっかり叫んでいた。
ただの住宅街なのについてきてくれた夫、ありがとう・・

これにて2日目は終了。



FH010009.jpg

翌日は午後の便にしたので、朝ゆっくりまた飲茶へ。
大好物だったちまきはノーマイカイといって、ハスの葉で包んである。
ショーロンポーもおいしい。



FH010010.jpg

日本でもおなじみのマーラーカオ。
香りがすごくよくて大好きです。

今回はお手軽ローカルな旅ということで、屋台とか大衆飲茶を選んだけど、
次はレストランでいろいろ食べさせたいなあと思った。
やっぱり2人じゃちょっとしか頼めないので、4人以上がよいですな!



FH010011.jpg

行きと同じバスにのって空港へ。



FH010018.jpg

おお、高級マンソン。。。
外観が今時っぽかった。



FH010019.jpg

高級マンソン群を見送って、2泊3日の旅おわり。



---- おまけ ---



買ったものその1。
佐敦(ジョーダン)の「先達商店」で買ったメッシュのスリッパ。1足800円ぐらい。
友達に買って行きたかったけど、サイズが分からなかった。。
サイズ豊富にあります。





その2。
上環(ションワン)の骨董街で買った香水瓶。すごく綺麗ないろ。
手前のは内側のすりガラスに描かれています。中国などに、こういう職人さんが多い。





その3。
これも骨董街で。鳥かごの時計は夫が購入。



1日目:15:30着
3日目:13:00発

でもじゅうぶんあちこち行けました。

それは、夜の市場が比較的安全で楽しかったり、
場所移動に時間を食わないからだと思う。

また近々行きたいなあ。
いろいろ書いてて、もっとよさを伝えたくなりました。

香港にはこれといった観光スポットはありません。
流行りの世界遺産もないし。

でも、圧倒的に街がおもしろい。

看板とかの混沌とした建造物がありつつ、
イギリス領だった名残りの豊かな植栽がある。

マーケットはフルーツであふれ、屋台は活発。
その雰囲気は、ヨーロッパのオシャレなかんじとも、東欧の素朴なかんじともちがう。
同じ東南アジアの、タイやマレーシアのような朗らかさともちがう。

一言でいうと、あけっぴろげなのである。

すべてが勢いでできているというか、
情緒とか、ない。

飛び交う広東語は語気が強く、みんな常に怒鳴っているふうに聞こえる。

それがとても心地いい。

ごろっとした生活感がむきだしで落ちている。

街並みは視覚的には綺麗じゃないかもしれないけど
この街のエネルギーはおそろしいほどに美しいと思う


とにかく香港というのはたいへんに興味深いものです。

この地の不可解さをすべて詰め込んだ謎のおっさんであふれた街を
どうかちらっと訪れてほしい











    

そうだ 香港、いこう2 〜飲茶・深水歩・茘枝角篇〜

2011/12/4(日)

FH020017.jpg

香港帰省2日目。
油麻地(ヤウマーテイ)でホテルを出発。いい天気!



FH020019.jpg

看板に看板がくっついてる感じ。
今見るといてまえ精神がすごい。



FH020016.jpg

前にも書いたけど、香港の工事は竹で足場を組みます。

そういえばなんで竹なんだろう?安いからなのかなあ〜
と思って父に聞いたら即レスが。

- - - - -
1. 鉄だと手で触ると熱いから。香港の直射日光はすさまじい。
2. 台風が多く、足場が風でよく倒れる。竹なら倒れても大したことはない。
3. 竹は中国から簡単に手に入り、保管に場所をとらない。
  近代的な鉄パイプ枠は重くて大きく、場所をとる上、運搬に手間が掛かる。クレーンなどが必要。組み立てるのに場所をとる。
    竹は軽くて運搬が簡単。地面に30cmほどの隙間があれば組み立てられる。
4. なんといっても 全体のコスト(組み立ても入れて)が圧倒的に安い。
5. 竹足場の専門の学校があり、そこを卒業して資格を取らないと作業できないため、収入が凄くよい。(これは関係ないか)

もう1つ。
日本などでは足場材をリースすることができるが、
香港にはその仕組みが無いため自社で材料を持っていないと非常に高くなる。
自社で材料を持つとストックする場所が要る。香港の土地代の高さは東京並だ。

しかし、安全法規が変わって竹足場は次第になくなっているようだ。
竹足場学校はもう無いらしい。
- - - - -

父、本気の回答。

竹でも倒れたら大したことなくない気がするけど、なるほどだよ。
ありがとう父上。



FH020015.jpg

竹たちの下をくぐって歩きます。
香港は地震が絶対起きないからこんなでも安心。



FH020020.jpg

そんなわけで、朝ごはんを食べにモンコックの「倫敦大酒楼」へ。

香港のヤムチャは朝からすごい人です。
全員でかい声でしゃべってるのでガヤガヤがはんぱない。
走り回って鬼ごっことかしても誰も気にしません。
小さいころは人のテーブルの下でかくれんぼとかしていた。

広〜いフロアの隅から隅までテーブルでぎっしり。それが3フロア分あります。
飲茶はこういう大規模なとこが多く、どこも安くてとってもおいしい。



FH020022.jpg

なつかしのワゴン!

ヤムチャといえばこういうワゴン形式!なんだけど、最近はすごく減っているらしい。。
さみしいなあ。

こういうおばちゃんがぐるぐる回ってます。
みんな運んでるものが違うので、お目当ての品が来るまで待つか、
「アレ探してきて!」と誰かをおつかいに出します。



FH020023.jpg

おばちゃんはメニューを叫んでるけど、フロアがうるさすぎてよく聞こえません。
呼び止めて、せいろの中身を見せてもらいましょう。
こちらはプリプリのエビ餃子。



R0012513.jpg

各テーブルにあるスタンプカードをおばちゃんに渡して、ハンコを押してもらう方式。
これが楽しいの。

右上は「タロイモのサクサクしたやつ」と呼んでいる大好物の点心。
「茘芋角」と書くようです。
言葉では言い表せない味なんだけど、泣けるほど美味しいのでぜひ食べてください。

左下はタンタ。いわゆるエッグタルトです。
これもサックサクで甘さ控えめ、しかもあったかい。幸せ・・・

中華のデザートは、どれも甘すぎなくてすばらしい。



FH020024.jpg

エビ餃子は皮がモチモチ、身はジューシー。

シュウマイはこの黄色い皮のがスタンダード。
卵黄の水分で作られるので、黄色くてとても綺麗です。
上に乗ってるオレンジのは蟹子。

日本でも中華街とかでこのシュウマイを見かけるけど、
なぜだか全然味がちがう。

香港の点心はほんと〜に、ほんと〜においしいので
ぜひ食べにいってほしいです。

ただ、2人じゃ3品ぐらいでお腹くるしくなる。。
3人以上でわいわい行くのがおすすめ!



R0012529.jpg

さて次は、兄とよく行ったサンスイポーへ。



FH030003.jpg

ここはさらにローカルな場所で、香港のアキバ的存在。

子供の時住んでたところから近かったので、
兄ちゃんと違法コピーのファミコンソフトを買いにきてました。

地下街の密集した店に、むきだしのソフトがぎっしり詰まれてるかんじ。
あの景色がいまだに忘れられない。

・・・のだけど、今ではだいぶ取締られてしまったらしく、
コピー品はぜんぜんなかった。。
がっかり



FH030001.jpg

でもやっぱり電化街なかんじです。

むしろ香港のアキバとしていま観光客に人気があるっぽくて、
「地球の歩き方」にもでかでかと紹介されててびっくりした。
ドローカルな街だったのに・・・



FH030005.jpg

香港は絶対に許可取っていない以下略なものであふれています。



FH030008.jpg

いてまえ精神の店もあふれています。



FH030006.jpg

商業と住居が混在しているところも好きです。



FH030009.jpg

まどがすごい



FH030012.jpg

きれいな色の家もたくさん



FH030011.jpg

ぬのがキッチュ



FH030016.jpg

男心をくすぐるらしいものたち



FH030018.jpg

男心なものたち2。



FH030013.jpg

なぜかおしゃれなおじさん。



FH030014.jpg

12月でもタンクトップのおじさん。



FH030015.jpg

香港は謎のおっさんであふれています。



FH030017.jpg

屋台とマンションがびったりくっついてます。



FH030020.jpg

なつかしいかんじ。。





この生臭さがいいんです



FH030022.jpg

くらしのみせ



FH040011.jpg

アラマンダっていうなつかしい花。
上から落とすと、くるくるプロペラみたいに回ってゆっくり落ちるのです。
海に落として、くるくるよく遊んでた。

私が30歳になっても同じ街で同じように咲いていてくれたことがうれしかった

変わらずにおんなじようにくるくると落ちてくれた
その姿をあの頃ここにいなかったひとに見せてくれてうれしかった





新しくできた茘枝角(ライチ―コック)公園。
ここは昔ぜんぶ海だった。



FH040017.jpg

毎日見ていた海がなくなって悲しくて恨んでいたけど、
緑にあふれてとても綺麗だった。
人がたくさんいた。
愛されていそうだった。



FH040022.jpg

卒業式の子たちもいっぱいいた。



FH040023.jpg

こどもも。



FH040024_2.jpg

おとなも。



FH040018.jpg

香港といえばブーゲンビリア。(まあ、南国はどこでも咲いてるけど・・)
オリエンタルな色味が好きです。

ピンクの部分は葉で、その中の白いのが花。
ポインセチアとおんなじかんじ。



FH000004.jpg

お次はダブルデッカーに乗って香港島の上環(ションワン)へ。
もちろん2階の一番前を陣取ってゴー。



FH000005.jpg

建ててます。



FH000006.jpg

からっぽのビル かっこいいなあ。



FH000007.jpg

ダブルデッカーに挟まれるひとたち。
2階はよい眺めです



FH000008.jpg

カオスな街の幼稚園。





ちょっと脇に入るとびっしり市場ゾーン。
ほんとに活気がある。



FH000009.jpg

九龍島と香港島を結ぶトンネル。
スクールバスで毎日このトンネルを通っていました。

いざ、香港島へ!

つづく。






    

そうだ 香港、いこう

私は香港で生まれ、13年間育ちました。
最近仕事で地方を回るうちに、なんだか私も故郷が恋しくなりました。

高校生のとき母と遊びに行った以来な気がするので
変わってしまってたらどうしよう、、と思いつつ。

あの湿った空気や独特の色彩や、生臭い市場、あふれる生活感が、
いとおしくてたまらなくて

「買い物天国・香港」ではない素顔を、夫に見せたいなあと
なぜだか思い立ったのでした。

というわけで、どローカルな香港旅へゴー。


- - - - -

2011/12/3(土)

成田 ⇒ 台湾経由 ⇒ 香港へ。
直行便だと4時間ぐらいで行けます。

 FH000001.jpg

15:30に到着。
そういえば九龍のカイタック空港はなくなって、ランタオ島に新空港ができたんだっけ。
大きくてとてもきれいです。



FH000003.jpg

夜の街が楽しい油麻地(ヤウマーテイ)へ向かうべく、ダブルデッカーに乗車。
迷わず2階の最前列を陣取ることをおすすめします。
ハイスピードで山道下ったりすると倒れる気配満載でサイコーです。

昔は2階のフロントガラスは開け閉めができて、窓全開で乗るのが気持ちよかったのに
今はどのバスも開かないつくりになってた。



FH000008.jpg

ランタオ島からチンイー島へ渡る橋(たぶん)。
高層ビルが見えてきて懐かしい。

香港は地震が100%起きないので、団地は高〜く、高速の柱は細〜く、
今見るといろんな建造物が「ちょ!!」ってなります。



FH000012.jpg

30分ぐらいで 油麻地(ヤウマーテイ) に到着。
ここはローカルな繁華街で、ザ・香港な雰囲気が楽しめます。
大通りから一本入ると渋いマンションがいろいろ。



FH000014.jpg

こういう職人さんがよくいて、かっこいい。基本的に店からはみ出ているなど。



FH000016.jpg

香港は夜の市場がおもしろい。
とりあえず男人街(ナムヤンガイ)をうろうろ。
モンコックの有名な女人街(ノイヤンガイ)と似たようなものです。



FH000019.jpg

大量のプラグを売るおっさん。
香港は謎のおっさんであふれています。



R0012396.jpg

確実に許可とっていないAngryBirdたち。
屋台のおばちゃんが「アングリバード、アングリバード」言ってたけど、
絶対なんのキャラか分かっていないし・・



R0012404.jpg

ピアスになってて噴きました。
けっこうかわいくて、買ってしまったし・・・



R0012403.jpg

確実に許可とっていない以下略

ちなみに香港ドルは×10するとほぼ日本円の金額になります。
20ドルなら200円。



FH000021.jpg

中華なおみやげもあります。

「これ、ハンターハンターで王がやってたゲームだよ!!!」
と絶叫したけど夫に分かってもらえず。



FH000024.jpg

アクセサリー屋は人気。
バッグ、時計なども多いけど、基本パチもんばっかです。

何を買うにもまずは半額から値切るのが鉄則。
「シンさんホークワイよ!(おっちゃん高いよ!)」でぐりぐりやりましょう。



FH000025.jpg

香港は絶対許可とっていない以下略なものであふれています。



FH010001.jpg

つぶらなおじさんもいます。



FH000017.jpg

道の中央にはごはん処も。若い香港ギャルでにぎわいます。
お店のおじさん見すぎです。



FH000018.jpg

もはやなじんでいる夫。



FH010005.jpg

なつかしのチャーシューぶらさがり風景。
とってもいいにおいなのです。



FH010003.jpg

あちこちでいろいろぶら下がってます。



FH010004.jpg

仏具やさん。
竹の足組みもなつかしい。
香港では工事の足組みをすべて竹でやります。



FH010006.jpg

食器やさん。
日本の合羽橋的な品揃えです。
いきたいけど閉店ぽい・・・



FH010008.jpg

占いテント街。ひとけが少ないので、独りだと怖いかも。



FH010007.jpg

女子と盛り上がるおじさん。



FH010009.jpg

どんどこ佐敦(ジョーダン)の方まで歩いて行きます。
香港は小さい都市で、駅と駅の距離も短いので、歩いて回るのがおすすめです。

こういうネオンは昔はもっと煌びやかだったけど、
最近はだいぶ点灯が少なくなったらしい。(父談)



FH010011.jpg

鍵屋さんぽい。
ちょっとした路地が渋いのです。



FH010012.jpg

ザ・お肉屋さん。
生肉がぶらさがり、下はぬめぬめ、生臭い。
テンションあがります。



FH010013.jpg

FH010014.jpg

注文するとかちょいい兄さんが手際よく切り分けてくれます。
ニワトリが吊るされ、ブタが逆さで縛られる市場はノスタルジック。



FH010015.jpg

八百屋さんのエリアに来ました。
こういうところは地元の人が多くて楽しい。



FH010016.jpg

閉店間際なお店が多かった。
ホウレンソウたくさん。




上にぶら下がってるミニサイズのバナナは、モンキーバナナ。甘くておいしい。
フィリピンとか、南国でよく見ます。

愛するマンゴーが1つ100円もしなかったり、
トロピカルフルーツを日常的に食べられるところも香港の魅力。

ライチは赤くてプリプリで、身が大きいし、あま〜い。
ほかにもマンゴスチンスターフルーツなど、おいしい果物たくさん。




レモンと柿。
夜の市場は陰影がとても綺麗で、ものの佇まいが愛らしいです。
ぜひぷらぷらしてみてください。



FH010018.jpg

東東京が好きな人は、香港の雰囲気たのしいと思います。



FH010022.jpg

肉の朱も綺麗。



FH010020.jpg

お店のかた。
チープなレジ袋も好き。



FH010027.jpg

おなかが減りすぎたので、通りがかりのお店へ。
賑わってるお店は信じてよいかと思います。




私も兄も大好きだったきしめん的な焼きそば。名前忘れた。。
米粉なのでモッチモチで、たぶん醤油の味付けだと思う。

これが「ナニコレ??!」ってぐらいおいしいので、ぜひ食べてみてください。
高級店でも飲茶でも大衆食堂でも、どこにでもあると思います。

中華はコッテリだと思われがちですが、本当は全くそんなことはなく、
しつこくないのにしっかり味がします。

香港の中華料理は世界一美味しいです。(食文化の本にもそう書いてある)

日本の中華は油っぽく、高級店だとあっさりな代わりに味も薄い。。

とにかく香港は「そのへんの安い店」のクオリティが異常に高く、
「ちゃんとしたレストラン」では日本の高級店よりリーズナブルな値段で天国の味わい!




魚介がウリのお店っぽかったので、スープを頼んでみたらめちゃくちゃ美味しかった。
エビイカアサリのお出汁がぽわーん。

結局この2品でお腹がいっぱいになりました。
スープがちょっと高いけど、飲み物入れてひとり500円ぐらい。



FH020001.jpg

佐敦(ジョーダン)駅の近く。



FH010028.jpg

ギャンブル屋さん。麻雀牌もあります。



FH020003.jpg

ぶらっと雑居ビルに入るのも楽しいです。
小さい商店がぎっしり。



FH020002.jpg

天井低い。



FH020004.jpg

地球の歩き方に載ってた「先達商店」というスリッパ屋さん。老舗らしい。
4畳ぐらいのお店にかわいいスリッパがたくさん。サイズも豊富。
600円〜1000円ぐらい。
MACを使いこなす渋いお兄さんがやってました。

香港にいたのは中1までなので、ファッションとかのお店は全然知らない。
いろいろ行ってみたいなあ。



FH020005.jpg

てくてく歩いて尖沙咀(チムサーチョイ)へ。
ここは高級ホテルやブランド店が並ぶハイソな地区。

大きなショッピングビルがいくつもできていて、ますます華やかになっていた。
H&Mとか無印良品、ユニクロなどがでかでか。
人もたくさん。



FH020006.jpg

ザ・尖沙咀な風景。
ロレックスを扱うお店の前でおっさんが「ニセモノアルヨ、ニセモノ」と話しかけてくる。

ちなみにニセモノでも値切って5千円〜8千円ぐらいします。
確かに精巧にできてるけど、1ヵ月ぐらいで壊れるので買わないほうがいいです。



FH020007.jpg

香港のランドマーク、最高級のペニンシュラホテル。1928年開業。
12月だったのでクリスマス仕様で綺麗だった。
久しぶりに見たら記憶よりでかくてびっくりした。

英国王室のようで本当に美しいので、ロビーだけでもぜひ見てみてください。



FH020011.jpg

そのままてくてく九龍島の先端まで行くと、チムサ―チョイの名物夜景が。
むこう側は香港島。
あまりにも懐かしくてちょっと涙が出ました。

ビル達はこぞってクリスマスのネオンをしてます。でも、確かに昔より減ってる気がする。

ビクトリアピークからの100万ドルの夜景もすごいけど、
個人的にはここで充分なような・・
あそこ行くより、街をぶらぶらする方がおすすめかも。



R0012487.jpg

ホテル方面に戻るべく、チムサーチョイから地下鉄(MTR)に乗り込む。

香港の地下鉄は、駅ごとに色が違います。
チムサ―チョイはこの黄×グレー。
お兄さんの髪にくぎづけです。



R0012486.jpg

3駅戻って旺角(モンコック)へ。
券売機がタッチパネルになってて衝撃。でも感度悪い。
50円でゴー



R0012488.jpg

全駅のホームがガラス張りになっててさらにびっくり。
事故が多かったんだろうか。
広告はサイネージ。

ちなみに電車内で飲食したら罰金よ!



R0012489.jpg

モンコックに到着。
ここは赤い駅。

ほんとに全駅色が違うので、うたたねしててガバッと起きても
パッと見でどこの駅か分かるので超便利!



FH020013.jpg

最も有名な市場、モンコックの女人街。
字面だけ見ると怪しいけど、普通にマーケット。
でも下着とかはたくさん売ってる。

少しぷらぷらしてから、そのまま歩いてホテルへ。
1日目終了です。

15:30着の飛行機でも、もりもりぶらぶら遊べました。

つづく。




Powered by
30days Album